2006年04月14日

おもいで

海ママは以前、犬を飼っていました。
KIF_6177.JPG
シーズー犬の女の子、薔衣緒(ばいお)。
名前は、当時、超電子バイオマンという
戦隊モノが子供に人気でファンだったことから。

同じく、グレムリンも流行って居た頃で、
8歳の誕生日にはギズモが欲しい!という願いを
今は亡き父が「ギズモ風の犬で」と叶えてくれたのでした。
渡された小さな箱の中が揺れていて、
もしかしてもしかして、とワクワクしながら開けると
この子がひょこんと顔を出しました。
KIF_6189.JPG
一人っ子だった海ママにとって、薔衣緒は姉妹のようで、
学校から帰ると、自転車カゴに乗せていろんなところへ行きました。
KIF_6185.JPG
リボンを付けたり、オヤツをあげたり。
いつもいつも一緒でした。

KIF_6173.JPG
人間の年齢に換算して自分の年を越えた頃、
子宮蓄膿症などの病気にもなったけれど、
生命力がとてもある女の子でした。
KIF_6187.JPG
人見知りしない性格で、沢山の人に可愛がれました。
KIF_6180.JPG
海ママが中学・高校と成長していくうちに、楽しみが増え、
薔衣緒と遊ぶ時間が減っていきました。
でも、朝起こすときと泣いた時には、必ず側に来てくれるのでした。
親に怒られた時も、失恋した時も、悔し涙をこっそり流した時も
薔衣緒だけは知って、頬を舐めて慰めてくれたものでした。
KIF_6200.JPG
成人を迎えた頃、薔衣緒は今までのように遊べなくなりました。
走ることが困難になって、次第に歩くことも難しくなり、
泣き虫の海ママは、自ら薔衣緒の側に行って泣きました。
身体が不自由になっても、懸命に頬を舐めて励ましてくれました。

それから時を経て、海ママはパパと出逢い、婚約をしました。
KIF_6198.JPG
気づけば、薔衣緒は19歳になっていました。
歩くこと以上に目も耳も不自由になり、脱毛も始まったものの、
食欲だけは落ちることがありませんでした。
海パパが遊びに来るたびにしてあげる、
マッサージにいつも気持ちよさそうにしていました。

そしてパパとママが結婚してハネムーンから戻った翌日の朝。
静かに安らかに旅立ちました。
海ママの側にずっと居た、自分の役目が終わったかのように。

犬が居る生活はとても楽しいもの。
でも、最期まで看取る責任があります。
それを経験しているだけに、次の新しい家族を迎えたくても
決心がなかなか付かないのが事実でした。

それでもなお…犬と暮らしたいと思い、
今は海と…
KIF_6145.JPG
おはな、つけてみたの。
花っ!?どうしたの?お洒落してみたの?
KIF_6169.JPG
ちがうの。ママが…
私が何か言った?
KIF_6167.JPG
フレンチより、シーズーがすきだからなの。
あ、だからお花?はははっ、誤解しないのっ。
薔衣緒ちゃんはね、海のずっと先輩。
薔衣緒ちゃんが居たから、犬のことが理解出来て、
海との生活にも役に立っているのよ。
今は、海と一緒に生きているんだから、ね。
KIF_6157.JPG
しんじていいの?
そ、その目…疑い深い男。
信じるも何も、海だってちゃんとわかってるでしょう?
KIF_6162.JPG
じつは、ぼくもかなしいの。
悲しいって…薔衣緒が居ないことが?
…海ぃ、いつからそんなに情深い子になったのよ〜♪
悲しいと思うのは、どうしてなの?聞かせて聞かせて♪
KIF_6172.JPG

うひょしたかったの。
薔衣緒と海がうひょ?!
んー、体力と年齢の差で、絶対にムリだったと思うけれどぉ。
って、それでかいっ!

薔衣緒を飼っていた頃は、お金の掛かることは全て親任せでした。
海を飼ってからは、責任は私たちの元へ。
犬を飼う事は簡単だけど、育てることは大変なこともいっぱい。
それでも一緒に暮らしたいと思える気持ちを
大切にしたいと思うのでした。
薔衣緒、ありがとう。この場を借りて…

ニックネーム 海(かい) at 23:55| Comment(42) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
泣いた・・・。泣けた・・・。
私もたくさんのお別れをしたもので。
大切な家族として迎え、大切な家族として見送る。
仕事をもっていれば24時間見守れないし、高価な先進医療を施せない事情も一般的な事だと思うんです。
でも、等身大の対応とめいっぱいの愛情で接していく事が大切ですよね。
・・・今日はしみじみ書いちゃいました。
兄貴は今までで1番金食い虫の男です。
Posted by momomama at 2006年04月15日 01:04
ママ〜そうだったんですね。薔衣緒ちゃんはママと一緒に成長していって、ママのハネムーンの次の日に・・・きっとママの言うとおり、役目果たして安心したんだろうなぁ。ワンコと人間のつながりって深いですよね。

昨日、本屋の立ち読みで、ラブラドールのソニアちゃんの本読んだんですが、黒いラブのソニアちゃんのご主人様が病気で先に亡くなってしまって、待ち続けたソニアちゃんは真っ白に色が変わってしまったんですよ。
もう、胸いっぱいでした。ワンコとの別れのことは考えたくないけど、いつかくる・・・
でも、最後を自分が見なくては・・・って思いました。淋しい気持ちにさせたくないから、私はワンコよりも長生きしなきゃ〜って!
でも、先日三十路になったとき、旦那に『あんた人生の40%生きたね』って言われてなんだか人生短く感じましたぁ・・・・・
話ズレましたが、ワンコと出会って一つの命と出会うって素晴らしいですよね。花ついたかいちぃは可愛すぎてびっくりしました。
話し長くてすみません・・・・でも、まだ書きたいけどこの辺でぇ〜〜
Posted by モモ・アン子 at 2006年04月15日 01:06
海君のブログは拝見していたものの、書き込むのは初めてです。
それにしても、泣けるお話でした。
本当にかけがえのパートナーですよね・・・どんなに疲れて帰ってきても、癒してくれ、活力をくれ、そして笑顔をくれる・・・
今ではワンコ無しの生活は考えられなくて、でもいつか来る別れを想像してまた泣きそうになりました。
改めて、考えさせて頂きました!
追伸
ワンダに海君載ってましたよね???あのポーズあの写真かわいかったです☆
先日バナスクで憧れのぷーちゃん、ぺろたんズのモモ君ゴロンのアン子タン、オシャレながっちゃんにお逢いでき、いつか海君とも遊べたらいいなぁ〜〜とたくらむ、ブレンダ(6ヶ月、ブリンドル、女の子)でした!!
Posted by ブレンダの飼い主 at 2006年04月15日 01:51
朝から素敵なお話に涙が流れ、その後に海君のおリボン姿に爆笑してしまいました。
本当に海君はパパさんとママさんのお家に来て幸せだよねぇ。素敵な家族って改めて感動しました。それも薔衣緒ちゃんのおかげかな?
Posted by BONBON at 2006年04月15日 07:26
朝、拝見してコメントせずにはいられなくなりました。
とても感動的なお話に泣いてしまいました。

海君、本当に素敵なパパママで幸せですね。
(コメントしている間にも、泣けてくる。。。)

めいはめいママのおうちに来たはじめてのワンコです。
めいがいなくなったらと考えると、涙がでてきますが、
めいママファミリーを幸せにしてくれるめいに改めて
感謝!です。

感動的なお話を聞かせてくれた海ママさんにも、感謝です。

また、お邪魔させてください。

Posted by めいママ1号 at 2006年04月15日 08:10
今日はお休みなので、朝から何気にPCを開いたら・・・・・
土曜 朝 8:00〜号泣するわたしの横にも頬をなめに来てくれるワンコがいました。
さらに号泣・・・・・・・。
わたしは小さいころからの夢を今やっとかなえることができて、育て方どころか『接し方』すらままならない毎日を過ごしていますが、毎朝「おはよう」と顔をみること、「ただいま」となでること、「おやすみなさい」と一緒に寝ることだけでも、26年間感じたことのないくらいの幸せを感じています。
この気持ちをずーっと大切に大切に、このコを大事に大事に暮らしていきます。
わたしもASHと、早く、かいちぃとパパママさんみたいに楽しく『会話』ができるようになりたいです♪
Posted by ASHママ at 2006年04月15日 08:10
海ママさん、はじめまして。たまぶる主のまゆと申します。いつも拝見していたのですが、コメント残させていただくのは初めてですみません。
薔衣緒ちゃんのお話、たねおちゃんをお迎えにいく電車の中で拝見し、涙をこらえるの必死でした。とっても素敵な絆です。
わたしも、実家で暮らしてたわんこのことを思い出してました。うちのわんこも、離れて暮らすらたしに最後に逢うのをまっていてくれたかのように、会社を休んで逢いに行った次の日に旅立ちました。
弟は、「もう犬はいいや」とぼそっといいました。つらさが耐えられなかったんだと思います。わたしは、あの子にしてあげられなかったことをたまにしてあげようと思いました。
なんか、すみません、長々と。思いをぶつけてしまいました。
北海道のアイドルたねおちゃん、しっかりお迎えいたします!海くんもお空びゅーんとぜひ遊びにきてくださいね!!
Posted by まゆ at 2006年04月15日 10:10
海ママさん。。。泣いちゃったじゃないですかぁ〜!!
うるうる。。。
ほんとに、犬との生活ってかけがえのないものですよね。
うちも実家で飼っていたときと、いま自分たちが飼っているのとでは、可愛さは同じだけれど責任感が全然違う!!
想像したくないけど、いつか虹の橋に旅立つ日が来るわけで、いつかその時に穏やかに送ってあげたいな〜としみじみ思います。。。
やばい、書きながらも涙が・・・。ぐすん。。。
Posted by 小梅母 at 2006年04月15日 12:10
クッ、くぅぅうぅっぅぅぅ、涙してしまった。
これから来るであろう愛犬たちとの別れに耐えられるだろうか…。ワンコ達は、虹の橋を渡っても、身近にいると聞きます。
そう、海ママさんの近くに。実は海くんとうひょしてるかもしれませんね〜。
Posted by 小作おかっち at 2006年04月15日 12:36
(>_<)・・・・
でも海君、うひょはさすがに無理だよー(笑
私も生まれたときからすでに大きい犬がいました。
そのときから縁があったのかなぁ。。

今頃きっと天国で海君とパパさんとママさんの事
見守っていることでしょーね☆
Posted by しのぶママ at 2006年04月15日 14:05
薔衣緒ちゃん、ママの妹で、本当に良き理解者だったのですね。
海ママの幸せを確信して、安心して旅立ったんでしょうね。
私も今回プティを迎えたと同時に未来にくる別れも考えました。とりあえず、病気も行動もすべて受け入れていくしかないなぁと思っていますが、家の中でいぬと暮らすのははじめてなので、とまどいばかりです。
対応できない自分のキャパの狭さに気づいて大変!という感じで。
疑い深い目といわれると、本当に疑っている感じだわ。
海くんのお花、可愛いですね。そのうち、プティにお花つけさせるので代わりにうひょのお相手をおねがいします。
Posted by プティの飼い主 at 2006年04月15日 15:49
海ママの小さい頃も見れて、話に聞いてたシーズーの薔衣緒ちゃんも見れました。
ありがとですぅ・・・
ほんとに、ママと一緒に育ったんだね。。。
19才、大往生だわ・・・きっと薔衣緒ちゃんも幸せだったんでしょうね。。。
それにちゃんと、ママの幸せを見届けて旅立つなんて、ワンコってどうしてこんなにわかるんでしょ?
私も3年前に15才で亡くなった、ポメラニアンのマックを思い出しました。
Posted by クッキーママ at 2006年04月15日 16:42
うぅぅぅ・・(泣)海ママさぁ〜ん・・うぅぅ・・涙。
あぁ、夕食の支度の合間に覘いてみたら、こんな
感動的な記事で・・・。
ほんとですよね。私も昔から実家で何匹か飼ってました。
私が小学生低学年の頃までいたわんこが、外で飼っていたんですが、ある日風邪をこじらせ天国へ行ってしまいました。それから私の父は十年くらい犬を飼う事はありませんでした。私がもっと小さい時にもいたんですが、その子も
2歳くらいである病気になってしまって。
父にしたら立て続けの愛犬の死。
よっぽど、辛かったんだと思います。
それから、死を看取る事が辛くてもう飼わないと
言った、父。
しかし犬が好きな気持ちは変わらず。
今から、9年前に新しい家族としてラブの「あるる」
を連れてきました。とっても嬉しかった事覚えています。
それから今まで「あるる」が交通事故にあってしまい
背骨骨折など大変な事もありました。
でも、今は元気に家族と暮らしています!!
更に今年、ラブの赤ちゃんも仲間入り。
本当にわんこは、私たちにとって
かけがえのない存在だと、海ママさんの記事で
改めて感じました。
薔衣緒ちゃんも天国で見守ってくれてますよね♪
薔衣緒ちゃんも海ちぃとうひょ、したいと
思ってるかも(笑)

Posted by 朔まま at 2006年04月15日 18:35
私も、前にママから聞いていた薔衣緒ちゃんのお話思い出して
自分と一緒に暮らしてくれた先に旅立っていった、わんこやにゃんこのことが
次々と頭に浮かんで来ました。。。
何回か大切なわんことにゃんこを亡くした経験がありますが、
こればっかりは慣れることはありませんよねっ。
今できることを精一杯一緒にしたいとか、ありきたりだけど「うちの子で
よかったと思ってもらえるように・・・」ってことはよくふっと
頭に浮かびます。
別れのことばかり考えたくないけど、目をそらす事はできない事ですよね…

海くん、お花つけてかわいいんだからっ。パパもママも海くんのこと
大すきって、海くんが一番良くわかってるよねっ^−^

Posted by ぷぅちゅけママ at 2006年04月15日 20:44
私も泣いてしまいました…。
考えたくはないのですが、必ず別れが訪れる。
どうやっても避けて通ることは出来ません。
私よりずっと後に生まれたのにおそらく私より
先に旅立ってしまう。
私と出会えて良かった…と思ってもらえるよう、
いつか来るその時まで、小太郎にとって「楽しい」が
いっぱいの毎日を送りたいです☆
Posted by 小太郎ママ at 2006年04月16日 00:52
薔衣緒ちゃん、幸せだったね。
うちもそろそろ三回忌。
泣けるなぁ〜・・・と思った次の瞬間、
大爆笑してしまいました。
不謹慎ですね、すみません。

海たん、ポンポン大丈夫?
一番の特効薬のおばあちゃん、優しいねェ〜。
おなか痛いのも飛んで行っちゃうね!
Posted by ちよママ at 2006年04月16日 06:19
うっうっうっ。゚(゚´Д`゚)゚。
泣ける話だぁー
ワタシは小さい頃から転勤が多くてワンコって飼ってもらえなかったんです。
だからいつか訪れるがっちゃんとの最期が今から恐怖なんですよー!
小鳥やハムスターでもかなり落ち込んだのに…

でもこのかわいい海君を見るとっっ!
ついつい忘れちゃうなー そんな日が来なければいいなって(^-^;)
プププ(≧m≦) お花つけてステキー☆
Posted by なこず at 2006年04月16日 10:16
お久しぶり。
久々に泣けた・・・。
必ず訪れるお別れ(T_T)
何度経験しても辛いものよね・・・。

Posted by まゆみ at 2006年04月16日 16:39
泣いてしまいました。。気持ち解ります。。私もずーっと犬と一緒の生活でした。。多い時で、5匹くらいいました。。最後を看取るのは毎回母親でした。犬達が交通事故にあった時も母が走って抱きかかえて帰ってきました。。他の犬にやられた時も母が走って助けに行きました。。今も母がほとんどの犬の面倒を見ています。。
私はこっちで可愛い息子に出会い一生懸命育てています。。母も一生懸命日本で犬を育てています。。
やっぱり最後は辛いですね。。何処にも行って欲しくないです。。リオとは一生一緒に生活したい。。出来るだけ長生きして欲しいと思っています。。

Posted by leo at 2006年04月17日 00:47
こんにちは。はじめまして。
私は千葉県在住で、10ヵ月になるフレンチブルドッグのクリームの男の子と暮らしています。名前はブルドッグだけにソースといいます。
もともとは東京の福ちゃんと出身が同じ、花ちゃんパパさんとお友達で
花ちゃんのブログから海くんちのブログに出会いました。
毎日のように微笑ましい海くんのブログを拝見しています。
海くんの表情が可愛くて大好きです。
今回は私もソースパパも涙がとまりませんでした。
でもやはり最後は海くんの表情に笑わせてもらいました。
私も幼い頃から犬と暮らしてきたので、気持ちよくわかります。
いつかはお別れがくることは辛いけど、それ以上に一緒にいる時の喜び、幸せのほうが絶対大きいですもん。
そうだ、まねをしてソーセージマンやワンダーボールも買いました。
ソーセージマンは鼻をむしられ、かわいそうな姿になりつつありますが
ソースもかなりお気に入りです。
遠いけどいつか海くんファミリーと会ってみたいなーと思っています。
これからも海くんライフ楽しみにしています。





Posted by ソースママ at 2006年04月17日 11:09
momomama☆
確かに、お金をかければ長生きをするということも
あるのかもしれませんが、人間の生活を削ってまで
というのは、ちょっと違う気もするんです。
その分、出来る限りの愛情を注ぐということが必要かと。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:18
モモくん・アン子ちゃんパパママ☆
ソニアちゃん、知ってますよ〜。
レストラワンにも遊びにきたそうですね。
最近は取材の対応などでも忙しいのだとか。
でも、言葉を発することなくとも、ちゃんと感情を持ち合わせた
動物なんだと実感するお話ですよねー。

それにしても!人生の40%を生きたなんて(笑)。
この言葉、かなりずっしりきました…(苦笑)。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:21
ブレンダちゃんの飼い主さん☆
書き込みありがとうございます!
確か先々週くらいだったか、仲間で集まったときに
ぷーちゃんママがブレンダちゃんの話をしていました。
是非是非お目にかかりたいですぅ。
オフ会等々、ご案内させていただきますので、
もしブログや連絡先があれば教えてください♪
これからも気軽に遊びにきてくださいね♪♪
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:23
BONBONさん☆
そんなそんな…海のためにいろいろしているつもりですが
重要なのは、飼い主の自己満足ではなくて、海がどう
感じているのかだと思っています。それを考えると、キリが
無いのですが…。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:24
めいママ1号さん☆
書き込みありがとうございます。
とっても嬉しいです♪
めいちゃんは初めてのワンちゃんなのですね〜。
育てながら理解することも多いのではないでしょうか?
同じ犬といえども、フレンチはシーズーとは全く違い、
私も毎日が勉強ですぅ。
また気軽に遊びにいらしてくださいね!
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:27
ASHちゃんママ☆
そうですね。他愛のない些細なことでも、大きな幸せに
感じることが、犬との生活ではいっぱいありますよね。
そんな風に感じることの出来るママさんと暮らすASHちゃんは
幸せだと思います♪
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:28
小梅ちゃんママ☆
そうですね。実家で育てた犬だと、誰かに責任転嫁してしまったりして、
可愛がりたいときだけ…なんて簡単な気持ちだったのが、
自分の犬となると、責任がどーっと。その分可愛いのですけどね。
人間でも同じですが、最期の時は穏やかに送ってあげたいと
ママさん同様に思います…出来るかなぁ。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:31
小作おかっちさん☆
小作おかっちさんのコメントを読んで、ん?と思った海パパとママ。
そう、時々海がひとりでうひょることがあるんですよ〜。
もしかして?!と思って、何だか暖かな気持ちになりました。
うれしいコメント、ありがとうございました☆
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:36
しのぶママさん☆
生まれた時から犬がいる生活だったんですね!
だとしたら、犬が居ない生活なんて考えられないのでは?
羨ましいですぅ〜。
海が今元気に暮らしているのも、薔衣緒が見守ってくれているおかげだと思っています。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:38
プティちゃんママ☆
初めての犬との生活はとまどいが多いですよね。
成長と共に理解するという感じでしょうか。
とはいえ、同じ犬でもシーズーとフレンチでは全く異なり、
私も毎日が勉強のようなものです。
フレンチの老犬なんて、今はまだ数少ないですし、
どうやったら一番適した老後を迎えられるのか、近い将来のこととして
考えることがあります。

プティちゃん、うひょ大歓迎♪♪
とはいえ、違う遊びになったらごめんね〜。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:43
クッキーママ☆
ポメを飼っていたんですね〜♪
ママも犬との生活、長いですよね。

ママが言うとおり、限られた言葉の範囲しか理解できない
はずなのに、どうしてこんなにも物事を察することが出来る
のかと不思議に思います。
小さな頭の中でいろんなこと考えてるのかなぁ、って。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:48
朔ママさん☆
ママさんも、犬との生活が多かったんですね〜。
あるるちゃんが事故に遭ったときには、本当にびっくりされたのでは?
今でも元気というのを聞いて、ホッとしましたが、
人間同様、いつ何事が起こるかわからないだけに、
常に愛情を注いであげたいと思いますよね。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:51
ぷーちゃんママ☆
ママはこれまでにも沢山の家族と暮らしてきたのね〜。
でも、人間も動物も別れに慣れるということはないよね。
どんなに多くの最期を接してきても、それぞれの想いがあって、
哀しくないわけはないものね。
犬達が年を重ねるのと同様に、私たちも一緒に年を取って…
海達が老犬になっても、みんなで元気にランで遊べるといいねぇ〜♪
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:57
小太郎くんママ☆
自分と出会えてよかったと思ってもらえることが
最高に嬉しいことだよね〜。
言葉は聴けなくても、きっとそう思ってくれているはずと
自信が持てるように愛情を注ごうと思っています。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 13:58
ちよママさん☆
いえいえ♪笑っていただいて嬉しいですよ〜。
海のブログにお涙はどうも似合わない気がして、
どうしても笑わせたい方向へ作ってしまう私です。

お腹の調子は大分良くなりました。ありがとうございます。
顔に似合わず?どうもデリケートな性格らしく
すぐにお腹に来ちゃうようです(汗)。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 14:01
なこずさん☆
そうなんだー。がっちゃんとの接し方が本当に自然で
なこずさんも体当たりで可愛がっているから、
今までに犬を飼ったことがあるのかと思ってました。
確かに迎えるべき最期は今から考えたくないんだけど、
その日って、いつ来るのか人間でもわからないでしょ。
だから出来るだけの愛情を毎日注いであげれたらと思っています。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 14:03
まゆみさん☆
お久しぶりですぅ〜♪
そうですよね。何度体験しても慣れるものではないですよね。
そんなことを考えると多頭飼いもいいのかな、なんて思ったり、
でもそれは海は望んでいないことかな、なんて考えたり…。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 14:05
leoさん☆
お母様も犬がお好きな方なんですね〜。
何処にも言って欲しくないと願う気持ち、わかります。
何を語らないし、ただ側に居るだけだけれど、
本当に大きな存在だな、とつくづく感じますよね。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 14:07
まゆさん☆
こんにちは!書き込みありがとうございます。
とても嬉しいです♪
たねおがお世話になりました(笑)。
私たちも上京計画を経てていますので、その際は是非お目にかかりたいですぅ。

まゆさんも悲しいお別れ経験されているんですね。
まゆさん同様、薔衣緒にしてあげれなかったことを
海にしてあげようと思っています。

また気軽に遊びにいらしてくださいね!
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 14:10
ソースママさん☆
こんにちは!書き込みありがとうございます。
とても嬉しいです♪
千葉にお住まいなんですね〜。名前がソースなんて、とても可愛いですね。
ソーセージマンもワンダーボールもお揃いのようで光栄です。

ママさんのおっしゃる通り、別れ以上に一緒にいるときの
喜びや楽しみは確かに大きいですよね。
それを大切にしていきたいと感じました。

私は東京出張が多いので、お目にかかれたら是非!
ちなみに海の上京計画もしています。
いつかお会いできるのを楽しみにしています♪

追伸:ブログや連絡先等があれば教えてください。
Posted by 海ママ at 2006年04月17日 14:14
こんにちは、以前から拝見させて頂いていたのですが、
コメントは初めてです。

薔衣緒ちゃん。
海ママさんと姉妹のように育って、
本当に幸せだったのだろうなぁと思い、
家にも小さい頃兄弟の様に育ったマルチーズがいて、
色々と思い出しました。

別れは必ずやってくるのですが、
そうして犬を飼うのか、
きっと別れよりももっと大きなものを教えてくれるんですよね。
いつかやってきてしまう別れを後悔しないために、
一生懸命りんを大切にしなくてはと改めて思いました。

Posted by トモ at 2006年04月17日 15:48
トモさん☆
こんにちは!書き込みありがとうございます。
とても嬉しいですぅ♪♪
生あるもの必ず別れはあるのですが、それを踏まえて
大切にしようというのは、当たり前のことのようで
忘れがちにもなってしまうこともありますよね。
私にとっては薔衣緒との思い出が、そのことを考えるきっかけと
なっています。
Posted by 海ママ at 2006年04月20日 00:48